CASE

事例

ネイキッドは、2012年の東京駅丸の内駅舎プロジェクションマッピング
『TOKYO HIKARI VISION』を皮切りに、東京国立博物館、東京タワーなどの東京の名スポット、
アクアパーク品川、ヴィーナスフォートなどの東京ならではのエンタメ、
商業施設で「空間と体験の再構築/構築」の実現に取り組んできました。

そして、その取り組みは「シティードレッシング(都市を演出)する」へと繋がっています。

東京駅舎 『TOKYO HIKARI VISION』

「光の旅」をテーマに”都市”と人の営為の象徴である「東京駅」のストーリーを表現した『TOKYO HIKARI VISION』。

FLOWERS by NAKED

メディアアートでもあり、インスタレーションでもあり、飲食空間でもある、という新たな空間創出を目指した。

SNOW AQUARIUM by NAKED

本展は水族館のエンターテイメント性を都市的に解釈・拡張した空間提示を行った。

CITY LIGHT FANTASIA by NAKED

この一連のシリーズは、人々の営みの集積である「夜景」に、異なったコンテクストである映像を投射する、という構図で、都市…

TOKYO ガンダムプロジェクト2014 ガンダムプロジェクションマッピング “Industrial Revolution”

2014年3月、お台場に屹立するRX78-2 ver.GFT(ガンダム)に初めてプロジェクションマッピングを実施。