JA
EN
2014.12.01

CITY LIGHT FANTASIA by NAKED

CITY LIGHT FANTASIA by NAKED


2014年12月からスタートし、東京タワーをはじめ、各地の展望台で実施されているCITY LIGHT FANTASIAシリーズ。このシリーズの仕組みは至って簡素である。展望台の窓ガラスに映像が投射できる透明フィルムを貼り、そこに映像を投射するだけの仕組みとなっている。
ここで重要となのは、「夜景」と「映像」がそれぞれを損なうことなく重畳され、同じ認識空間上にあることである。「夜景」は、基本的に都市に出現するものである。さらに具体的に分解すれば、部屋の電灯/車のヘッドライト/街灯/信号などの光の集合体である。こうした光のひとつひとつは、紛れもなく日々の人間の営みの集合体でもある。アート=人々の営みそのものであり、人々の営みの集積が都市である、としたときに、夜景とはその集積が光となって現前したものと捉えられる。

この一連のシリーズは、そうした人々の営みの集積である「夜景」に、異なったコンテクストである映像を投射する、という構図で、都市に対しての現実認識を拡張する、というARの原初的な構図を達成しようとするものである。
Starting from December 2014, “CITY LIGHT FANTASIA” is a series held in observatories nationwide, including Tokyo Tower. The mechanism for this series is quite simple: we paste a clear plastic film on the window glass of the observatories to project images on the windows.
What becomes important is that the “nightscape” and “image” overlap without impairing one another and that they exist in the same cognitive space. The “nightscape” generally emerges in the city. When we examine it in more detail, it is an aggregate of light, comprised of lights in rooms, headlights of cars, street lights, and traffic lights. Every single one of these lights are unmistakably an aggregate of human daily activity. If art is human activity itself and the city is an accumulation of such human activity, the nightscape is what has emerged from such accumulation in the form of light.

This series aim to fulfill the fundamental structure of Augmented Reality (AR), in which one’s perception of reality is augmented through the projection of images of different contexts onto the ”nightscape” as an accumulation of human activity.

開催日 : 2014.12 〜 シーズナルイベントとして各地で展示
開催場所 : 東京タワー / あべのハルカス / 名古屋テレビ塔 / 札幌テレビ塔

Dates: 2014.12~ (Seasonal exhibition held in various places nationwide)
Venue: Tokyo Tower/ ABENO HARUKAS/ Nagoya TV Tower/ Sapporo TV Tower