JA
EN
2014.03.20

TOKYO ガンダムプロジェクト2014 ガンダムプロジェクションマッピング “Industrial Revolution”

TOKYO GUNDAM PROJECT 2014 Gundam Projection Mapping “Industrial Revolution”

2014年3月、お台場に屹立するRX78-2 ver.GFT(ガンダム)に対してのプロジェクションマッピングが初めて行われた。
臨海副都心の整備された区画に屹立している、このマンガアニメのキャラクターは、とてつもない存在感を放っていた。この立像のある風景というのは、海外の人にとってはある意味での「TOKYO」らしさを強く体現していた存在に映っていたに違いない。お台場のガンダム立像を見ると、ここが東京ならでは、の風景であることに気づく。

『機動戦士ガンダム』という作品は、TV初放映時は、あくまでも児童向けのTVアニメシリーズとしてのフォーマットを守りながらも、実際の戦争に即した戦争ものを描いたことはよく知られている。こうした作品によって生み出されたキャラクターが、何の違和感もなく、開かれた公共の都市空間に溶け込でいる風景は、二重三重の意味空間を持つ。冒頭で挙げた、この立像への映像投射もまた、東京でしか存在し得ない創造性であると言えるだろう。

In March 2014, projection mapping was used for the first time on RX78-2 ver. GFT (Gundam) which stands in Odaiba.
This manga anime character, which stands tall in the area organized as part of Tokyo Waterfront City, held extraordinary presence and unmistakably embodied a kind of “TOKYO-ness” for foreigners. When you look up at the Gundam statue, you realize that this is the cityscape that is distinctive of Tokyo.

The series “Mobile Suit Gundam” is known for following the format of a TV anime series for children, while illustrating battles based on actual wars, ever since it first broadcast on television. The cityscape, in which a character created by the series blends in effortlessly in the open and public urban space, is a semantic space with multiplex meanings. The projection of images on the statue is in a way a form of creativity which can only exist in Tokyo.

開催期間 : 2014.03.20 〜 2014.03.23
開催場所 : 東京・お台場「ダイバーシティ東京 プラザ」フェスティバル広場
主催 : TOKYOガンダムプロジェクト2014実行委員会
© 創通・サンライズ

Dates: 2014.03.20~2014.03.23
Venue: Tokyo Odaiba “Divercity Tokyo Plaza” Festival Plaza
Organizer: TOKYO GUNDAM PROJECT 2014 Executive Committee