TOKYO ART CITY PROJECT

TOP BACK

TOKYO ガンダムプロジェクト2014 ガンダムプロジェクションマッピング “Industrial Revolution”

ANIME / COMIC

開催期間 : 2014.03.20 〜 2014.03.23
開催場所 : 東京・お台場「ダイバーシティ東京 プラザ」フェスティバル広場
主催 : TOKYOガンダムプロジェクト2014実行委員会
© 創通・サンライズ

2014年3月、お台場に屹立するRX78-2 ver.GFT(ガンダム)に対してのプロジェクションマッピングが初めて行われた。臨海副都心の整備された区画に屹立している、このマンガアニメのキャラクターは、とてつもない存在感を放っていた。この立像のある風景というのは、海外の人にとってはある意味での「TOKYO」らしさを強く体現していた存在に映っていたに違いない。お台場のガンダム立像を見ると、ここが東京ならでは、の風景であることに気づく。『機動戦士ガンダム』という作品は、TV初放映時は、あくまでも児童向けのTVアニメシリーズとしてのフォーマットを守りながらも、実際の戦争に即した戦争ものを描いたことはよく知られている。こうした作品によって生み出されたキャラクターが、何の違和感もなく、開かれた公共の都市空間に溶け込でいる風景は、二重三重の意味空間を持つ。冒頭で挙げた、この立像への映像投射もまた、東京でしか存在し得ない創造性であると言えるだろう。